ワクチンと血液製剤の化血研
small middle big   

<a href="en/" target="_blank">English</a>
ワクチンと血液製剤の化血研:化血研を知る sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:医療関係者の皆様 sen01 g-menu03-off sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:患者ご家族の皆様 sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:社会環境への取り組み sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:採用情報
space
space
Home  医療関係者の皆さま   お知らせ一覧 『エンセバック皮下注用』の供給について
『エンセバック皮下注用』の供給について


「エンセバック皮下注用」につきましては、平成28年6月の化血研ホームページ『「平成28年熊本地震」による影響について(第三報)』以降において、生産量が減少することも踏まえたうえで安定供給可能と掲載しておりました。その後、日本脳炎ワクチン市場の増加と想定を上回る「エンセバック皮下注用」の需要が生じたことから、最大限の生産や前倒し出荷等の取り組みを通じ、接種希望者の接種機会確保に必要な物量の「エンセバック皮下注用」の供給に努めて参りましたが、この度、アステラス在庫の消尽をもって一定期間、お届けできない状態となる見込みとなりました。誠に申し訳ございませんが、「エンセバック皮下注用」が入手困難な場合は代替製品のご使用をお願い申し上げます。

日本脳炎ワクチンの供給については、当局・製造販社と連携し、継続的に協議・対応を進めており、日本脳炎ワクチン全体としては不足しない見通しです。
なお、「エンセバック皮下注用」の出荷再開時期は18年1月頃となる見通しですが、時期が明確になりましたら速やかにご案内申し上げます。


「エンセバック皮下注用」の接種を予定されていた皆様、医療関係者の皆様のご要望に十分お応えできなくなりますことを心よりお詫び申し上げます。

何卒ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。


『エンセバック皮下注用』の供給についてのお知らせ 216.68KB
 
pageup