ワクチンと血液製剤の化血研
small middle big   

<a href="en/" target="_blank">English</a>
ワクチンと血液製剤の化血研:化血研を知る sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:医療関係者の皆様 sen01 g-menu03-off sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:患者ご家族の皆様 sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:社会環境への取り組み sen01 ワクチンと血液製剤の化血研:採用情報
space
space
Home  医療関係者の皆さま   お知らせ一覧 化血研の血漿分画製剤ご使用時の患者様への情報提供に関するお知らせ
化血研の血漿分画製剤ご使用時の患者様への情報提供に関するお知らせ

 平成27年度厚生労働省血液事業部会第7回運営委員会(平成27年12月2日開催)において、化血研の血漿分画製剤を使用される患者様へのインフォームド・コンセントについて審議され、一部変更承認前に出荷が認められた血漿分画製剤(「注射用アナクトC」、「献血ベニロンーI静注用」、「コンファクトF注射用」、「ノバクトM静注用」、「バイクロット配合静注用」)の一部ロットを処方いただく際は、ご施設にて実施されております通常のインフォームド・コンセントに加え、「患者様への情報提供文書」を用いて、医療関係者様から患者様への情報提供をお願いしておりました。
 この度、化血研の全血漿分画製剤の製造販売承認事項の一部変更承認取得が完了したため、血液事業部会運営委員会から要請されてこれまでご協力いただいておりました、化血研の血漿分画製剤処方時の「患者様への情報提供文書」による情報提供は必要なくなりましたことをご連絡申し上げます。ご理解、ご協力をいただき、有難うございました。
 この度の化血研の血漿分画製剤の問題により、製品の品質と供給に対するご不安を招くこととなりましたこと、患者様への情報提供により医療関係者の皆様のお手を煩わせることとなりましたことを改めて深くお詫び申し上げます。

 pdf化血研の血漿分画製剤ご使用時の患者様への情報提供に関するお知らせ107.27 KB

 
pageup